ニコレットは個人輸入だと格安です

半額以下の格安価格でニコレットが手にはいるので腰を据えて禁煙できます

昔は禁煙パイポのようなあまり科学的とはいえないような禁煙方法しかなくて、禁煙を達成することが非常に難しい時代でしたが、今はニコレットに代表されるようなニコチン入りの禁煙ガムのおかげで科学的に禁煙できるようになりました。

 

ニコチンのような依存性のある物質の誘惑を断つには、いきなりゼロにするのではなく、徐々に摂取する量を減らしていって、最終的にゼロにする方法が有効です。

 

結果を焦ってしまうと、禁煙に失敗するだけでなく、吸う本数が以前よりも増えてしまうという最悪の結果になってしまいます。

 

禁煙もダイエットも個人差があるので、周りの華々しい結果には耳を傾けず自分の状態を信じて自分のペースを守り抜くことが重要です。

 

とはいうものの、ニコレットの値段はかなり高額なので、できるだけ少ない日数で結果を出そうと焦ってしまいます。

 

ニコレットは定価で割引がないところがほとんどですし、ドラッグストアのクーポンを使ってもせいぜい10%オフが限界です。

 

一度に6000円ちょっとの出費はさすがにきついです。
これで96粒しか入っていません。
1粒あたりだとたばこ1本よりも全然高くてびっくりです。

 

これだと、このままたばこを吸っていた方が安上がりなのではとついつい考えてしまうほどです。

 

喫煙を続けることにより将来の病気のリスクや、副流煙の周りに対する影響を考えると、多少コストと時間をかけてでも禁煙をした方が絶対に安上がりなのですが、できることならもう少しニコレットを安く手に入れたいです。

 

そんなニコレットですが、個人輸入という選択をすれば、コストが今までの半額以下に下がります。

 

詳細はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

日本では武田薬品が販売していますが、ニコレットはジョンソン・エンド・ジョンソンの製品なので、世界展開しています。

 

個人輸入だと、この海外版のニコレットが格安で手に入ります。

 

個人輸入はいろいろ手続きが面倒だったりして、ネットに詳しい人しかできないと思われがちですが、こちらのサイトなら面倒な手続きを代行してくれるので、普通の通販サイトと同じように利用できます。

 

代行の料金は必要ありません。
代行の料金だけでなく、送料もかからないので、本当に半額で手に入ります。

 

名称の違いはありますが、味のラインナップは日本のものと変わりありません。
ニコチンの量は2mgと4mgがありますが、日本のニコレットは2mgなので、2mgを選べば、今までと同じニコチン量で禁煙できます。

 

1日に吸っている本数や喫煙の期間により、禁煙に到達できる時間は人それぞれです。

 

ニコレットがこれだけ安い値段で手に入ると、周りの人と比較せずに自分のペースを守ってじっくりと禁煙に取り組めます。

 

たばこからニコレットに切り替えられただけでも大きな進歩です。
これで副流煙を出す心配がないですし、もう肺を痛める心配もありません。

 

あとはじっくりと自分のペースを保ちながら徐々にガムの量を減らしていくだけです。

 

続けていくと、いずれガムに頼らなくてもいい瞬間がふっと訪れます。